痛風とは?

痛風は、血液の中に尿酸と呼ばれる物質がふえることが原因で起こると言われています。

尿酸は、新陳代謝に伴ってできる体内の老廃物で、どんな人の体の中にも一定量あり、腎臓で尿中に排泄されます。

健康な人の場合、尿酸の血液中濃度は一定レベル以下に保たれていますが、体内での働きがうまくいかなくなると、血液中の尿酸が多くなり過ぎてしまいます。

そして、その状態が続くと、体液に溶けにくい尿酸は体のいろいろなところに沈着します。

特に関節などに沈着しやすく、ある日、急に激しい痛みに襲われる、というのが主な症状です。

痛風の原因としては、体質・食生活・運動不足・ストレスなどがあげられます。

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。