痛風の症状について

痛風の症状は、ある日突然、何の前ぶれもなく起こります。

初期症状としては、足の親指のつけ根に激痛が走ります。

症状が出るのは特に夜中や明け方が多く、激痛のある部分は赤く腫れ、ちょっと押しただけでも痛みます。

その痛みは「風が吹いただけでも痛い」といわれるほどで、これが病名のゆえんとなっています。

通常、最初の症状が出て2〜3日から1週間で痛みはおさまります。

しかし、激痛がおさまっても治ったわけではなく、2度目以降は、忘れたころに再び痛みに襲われます。

ほかには、親指以外の足の指、手の指、足首、ひざ、ひじなどの関節でも発作が起こります。

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。