痛風の検査と診断について

痛風と診断されるのは、症状として足の親指のつけ根に痛みの発作があることと、血中尿酸値の高いことが決め手になります。

血液検査で尿酸値が3〜7mg/dlなら、正常範囲なので心配ありません。

異常とみなされるのは7mg/dl以上の場合で、個人差や男女、年齢による差もありますので一概には言えません。

定期的に血液検査を受け、データのチェックと予防に努めましょう。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。