痛風は治療を続けることが重要

痛風になっても、その後、治療が正しく行われていれば、再び発作が起こるということはほとんどありません。

しかし、たとえ発作の症状がなくなったとしても、食事療法や生活改善などは続けなければなりません。

治療を続けないと再発する可能性はきわめて高くなります。

これを続けないと再び症状があらわれ、腎障害や尿路結石、動脈硬化、心筋梗塞等の合併症を起こすこともあるので注意が必要です。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。